藤沢市の内科、糖尿病・甲状腺専門外来ほしの内科クリニック

院長の想い
ほしの内科クリニック

院長の想い

インフルエンザ対策について (1)

2018年1月17日 水曜日 / カテゴリ:インフルエンザ

ほしの内科クリニック院長の星野です。
新年も15日を過ぎ、日常が戻ってきたころでしょうか。
本年も当院をどうぞよろしくお願いいたします。

さて、今回のコラムは現在大流行中の「インフルエンザ」についてです。
昨年も同様のコラムを書いたのですが、いままさに入学試験シーズンでもありますので、 再度患者さんからよくいただくご質問にQ&A方式でお答えします。 予防や万一かかってしまった場合の参考にしてください。

<インフルエンザ Q&A>
【Q1】インフルエンザと風邪の違いは?
【A1】
 インフルエンザも風邪もウィルス によって引き起こされる感染症ですが、インフルエンザは風邪に比べて感染力が強く、症状も重い事から区別されています。尚、普通の風邪の症状は、のどの痛み、くしゃみや咳などが中心で、熱も37~38度ほどであり、全身症状を伴いません。


【Q2】インフルエンザの主な症状は?
【A2】
 インフルエンザは38~39度程度の突然の発熱、頭痛や悪寒、全身のだるさ、筋肉痛や関節痛、のどの痛みなどが主な症状であり、全身症状を呈します。 また、高熱や食欲不振から水分補給が不十分になりがちなので、脱水症状にも注意が必要です。お年寄りや体力が落ちている人、慢性の病気を持っている人などでは、症状も重くなりやすく、肺炎を起こしやすくなります。一方、子供では熱性けいれんや肺炎、またまれに脳症を引き起こすこともあります。


【Q3】インフルエンザの診断方法は?
【A3】
 インフルエンザの診断は、今では診療の現場で検査し、すぐに結果を得ることが可能です。検査方法は、インフルエンザの疑いのある人の鼻またはのどの粘膜を綿棒で軽くこすって採取したものを診断キットで検査します。結果が出るまでの時間は早ければ1分、遅くても10分程度です。現在、インフルエンザには治療薬があるので、検査結果が素早く分かることは大きなメリットです。特に流行時期には症状のみだけでも、70%が診断可能とされています。


【Q4】インフルエンザの検査はいつ行うのが良い?
【A4】
 治療との関連から発症後から48時間以内のインフルエンザ増殖時期に検査する事が強く望まれます。発症から24~48時間ぐらいにウィルス量がピークとなり、検査の検出率も高くなりますが、発症後間もない場合は、患者さんによってはウィルス量が不十分で、検査キットの検出限界以下となり陰性となる場合があります。尚、検査結果は万能ではなく、流行時期と症状からインフルエンザが強く疑われる場合には治療を優先する事も必要です。


////////



当院でもインフルエンザの検査は可能です。
特に冬場は日常的に「手洗い」「うがい」「加湿」「マスク」による予防をしっかり行い、 万一、38~39度程度の突然の発熱、頭痛や悪寒、全身のだるさ、筋肉痛や関節痛、 のどの痛みなどの症状が出た場合には、水分をしっかり取りつつ、医療機関を受診されることをおすすめします。

ご不安なことがあれば、 お気軽に当院までご連絡ください。

ほしの内科クリニック 院長 星野和彦

〒251-0052 神奈川県藤沢市藤沢2-1-18 山本ビル1F
TEL:0466-29-0320/FAX:0466-29-0340
休診日:木・土午後・日・祝祭